高卒と言うと、高い給料を貰える職業につけないというイメージがあります。けれど、そうとは言い切れません。求人を見れば、学歴不問で出ている求人が沢山あります。そういった仕事は学歴よりも、人を見るからです。面接の際には、普段よりも1段階上の声を出すようにします。

 

 人は尊敬や信頼をする人の目は、自然と見てしまいます。逆に実力が近い方や、友達感覚の方だとしっかりと目を見ない事が多いのです。ですから、面接時に目を見て話しなさいとよく言われるのです。声を張り、面接者の見て、ぶすっとした表情をしない事に気を付けるのが重要です。

 

 見ているのは、学歴ではなく人となりという事を意識しましょう。中には得意な事や、将来的にどうしますか等といった質問があります。けれど、面接者はそこに興味があるのではなく、受け手の内面を垣間見る手段であるという事を意識しましょう。

 

 言葉に詰まるのはあまり良くありませんが、しっかりと真剣に考えて答えを出すようにすることです。ネットのニュースで良く見るような、奇抜な言動や行動は鵜呑みにしてはいけません。その事は忘れて、あなたの思ったことを素直に、けれど誠実に伝える事が就職への一番の近道であることを忘れないで下さい。



このページの先頭へ戻る