学歴社会の世の中、高校卒業したら専門学校や大学へ進学する人も増えてきました。しかし、家庭の事情など経済的理由で、働かなければならない人も中にはいます。また勉強するのが苦手で、就職したほうがいいと考えている人もいると思います。では、高卒で就職した時のデメリットは何でしょうか。

 

■給料が安い…募集要項でも高卒、専門卒、短大卒、大学卒と給料の初任給が違います。同期で入社して仕事内容が同じでも、高卒と大卒とで初任給が数万単位の開きがある場合もあります。
■出世が難しい…すべての企業がそうだとは限りませんが、スタートが同じでも、昇進が大卒のほうが早かったり、任せられる仕事が違ったりする企業も少なくありません。

 

 学校を卒業したら勉強やテストから解放されるわけではありません。むしろ働いてからのほうが仕事を覚えるために勉強したり、資格取得のために勉強しなければならないことが多くなります。そいったデメリットがあるということも把握しておく必要があります。最後に就活をしているみなさんへアドバイスがあります。それは、自分が就職して仕事で壁にぶつかったとき、決して高卒だから…ということを理由にしないで下さい。学校へ行かなくても成功している人はたくさんいます。一生懸命働いていれば必ず成功できます。頑張って下さい。



このページの先頭へ戻る