現在の日本は様々な面で、昔とは違った形になってきていますが、就労形態についてもそれは言えることです。昔は決して考えられなかった、ニートやフリーターなどはその典型であると思います。

 

 社会現象と言っても良いでしょう。ある意味、既に社会において市民権を得ていると言っても過言ではありません。しかし、企業側においては、ニートやフリーターに対する目は厳しく、なかなか積極的に採用に踏み切ることはありません。そんな中で、ニートやフリーターがいかに就職を果たしていくということが、今後の我が国の課題と言っても良いと思います。

 

 私はニートをやっていたのですが、最近、有名な企業へ就職を果たしました。その過程を話したいのですが、結論としては、やはりニートが一足飛びに有名企業に就職できることはまずありません。

 

 私はまず新聞の折り込みチラシの求人募集から当たっていきました。折り込みチラシの掲載されている求人は、ほとんどが地元の求人ですので、それほど競争倍率も高くないので、申し込めばほとんど採用されます。

 

 そういった採用を積み重ねて、とりあえず履歴書に書ける程度の職歴を積むようにしました。そうしているうちに、自分が過去にニートであったという負い目から解放され、いつのまにやら有名企業への転職を果たしていたのです。



このページの先頭へ戻る