綺麗に見せることが大切

 

 履歴書というのはごちゃごちゃしていると読みづらさを感じてしまい、企業の担当者が駄目だと判断して面接さえしてくれないことがあります。そのため面接まで受けたいと思っているのであれば、綺麗な履歴書を書いた方がいいです。そのためには文字の大きさや空白の使い方が重要となってきます。

 

 基本的に同じようなスタイルでどんどん書いていくのが一番いい方法で、間違っても空白の入れ方がバラバラだったり、文字の大きさがどんどん小さくなっていたりということだけは避けてください。とにかく見やすくて分かりやすいものが一番いいです。

 

余計な経歴は消す

 

 つい履歴書に色々なことを記載してしまい、終わってみればどのような経歴を持っているのか分かりづらいものになっていたということは結構あります。そのため書かなくてもいいような経歴については全て記載しないでください。フリーターの方がちょっとだけ働いていた期間を記入することがあるのですが、これは大きな間違いです。

 

 本来は仕事をしているかどうかの経歴を見ているのであり、それ以外の情報というのは不要なのです。フリーターの方は長期的に仕事をしているのならいいですが、短期アルバイトの情報までは書かないでください。それは参考にならないからです。


このページの先頭へ戻る