転職を希望する際に多くの人が考えるのが「転職の時期」や「転職のタイミング」があります。転職をする場合、現在会社に勤めている場合と既に会社を退職している場合もあります。

 

 現在会社に在職中の場合、転職するタイミングとして重要なことは現在の会社を退職するタイミングと重なります。当然ながら転職する際には会社を退職しなければなりません。現在勤めている会社を円満に退職することは転職する際にとても大切なことです。

 

 在職中に転職先を探す場合は、面接日時などの調整が必要です。会社に在職しながら効率的に転職先を見つけていくには、応募先の企業に在職中であることを明確にしておくと良いでしょう。一般的に在職中に転職活動をすることは、おかしなことではありません。

 

 企業によっては既に退職している場合よりも、在職中の応募者を歓迎する場合もあります。現在在職中の応募者に対して、企業側も面接日時を合わせてくれることが多いです。在職中に面接日時などを調整する上でも、応募先の企業へ在職中であることを明確にしていきましょう。

 

 企業の求人は年度が変わる時期に増える傾向があります。一般的に4月と10月は年度が変わることが多いので、その時期に合わせて転職活動をするのも良いでしょう。これは現在在職中の人も既に退職している人にも共通しています。

 

【参考サイト】
仕事探し 50代
50代にベストな仕事探しの方法とは?

 

朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

 

 より多くの選択肢の中から、応募先を選んでいくことも大切なことだからです。もし希望する応募先がある場合は、企業側の募集をする動向をチェックおくいくと良いでしょう。転職を希望する際には、自分自身にとって適した時期とタイミングを見極めていくことが重要なのです。


このページの先頭へ戻る