「ニート」というのは、働いていない人だけでなく、働きたくても様々な事情で働く事ができない人を表す言葉でもありますが、いずれにしても一定の期間就労をしていない人です。働いていない期間が長くなれば長くなるほど就職に不利な状況になります。面接に臨む以前に電話で職務の経験を聞かれ、そこで落とされてしまうこともあります。面接にこぎ着けても、面接官に心無い事を言われ傷つくこともあるでしょう。しかし、もし就労の意思があり、その機会を得る事が出来た場合には、ぜひその困難さから逃げ出す事なく、懸命に励んで欲しいのです。

 

 もし機会を得て就職する事ができたら、もっとも心に留めておかなければならないのが「休まない、早退しない」という事です。よっぽどの体調不良なら仕方がありませんが、少しの発熱、風邪の症状くらいでは早退したり休んだりしないで欲しいのです。なぜなら、それは甘えに繋がるからです。

 

【注目サイト】
ニートの就職を支援する
就職を考えるニートの方へ!アドバイスなどの情報満載!

 

 一定期間無就労の時期が続くと、対人関係や就労に対して無意識の内に臆してしまう事が多いのです。そのため、体調不良を言い訳にして休んでしまう事が増えて行き、やがては退社に至ってしまうのです。一度就職したら、最低でも三ヵ月は休まないと、固く決意をして仕事に臨んでください。それが周囲にも認められ、やがては就労の自信に繋がって行くのです。

 



このページの先頭へ戻る